中央競馬:ニュース中央競馬

2018.11.27 16:59

【チャンピオンズC】レースの注目点(4/5ページ)

昨年の覇者ゴールドドリームら統ーダートGI馬6頭にアメリカからパヴェルも参戦する豪華メンバーが登録

昨年の覇者ゴールドドリームら統ーダートGI馬6頭にアメリカからパヴェルも参戦する豪華メンバーが登録【拡大】

★3年ぶりに外国馬が参戦! ドバイワールドC4着の米国馬パヴェル

 今年のチャンピオンズCには、アメリカからパヴェル(牡4歳、L.モラ厩舎)が出走を予定している。同馬は通算12戦3勝という成績で、今年はスティーブンフォスターハンデキャップ(米)でGI初制覇を果たしたほか、ドバイワールドC(UAE)4着、パシフィッククラシック(米)2着などの成績を残している。

 チャンビオンズCに外国馬が参戦するのは2015年のガンピット(香港・16着)以来3年ぶりだが、初来日となるパヴェルはどんなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。Vなら、外国馬のチャンピオンズC制覇は、2003年フリートストリートダンサー(米)以来15年ぶり2頭目となる。

 パヴェルにはデビュー以来全レースでM.グティエレス騎手が騎乗しており、今回も同馬への騎乗が予定されている。今回が初来日となる同騎手はケンタッキーダービー2勝(2012、2016年)などの実績を挙げており、その手綱さばきに注目が集まる。

★15年Vのサンビスタに続けるか!牡馬の強豪に挑むアンジュデジール

 JBCレディスクラシックを制したアンジュデジール(牝4歳、栗東・昆貢厩舎)は、今年の登録馬で唯一の牝馬。同馬は牝馬限定戦を中心に出走しており、牡・牝混合戦への出走は今回が3回目となる。

 チャンピオンズCでは、2015年のサンビスタが牝馬で唯一の優勝馬となっているが、アンジュデジールは牡馬の強豪を破り、統ーダートGI連勝を決めることができるだろうか。なお、アンジュデジールに騎乗予定の横山典弘騎手は、チャンピオンズCに過去8回騎乗して2着3回という成績で、同レース初勝利がかかっている。

【続きを読む】