中央競馬:ニュース中央競馬

2018.11.27 16:59

【チャンピオンズC】レースの注目点(1/5ページ)

昨年の覇者ゴールドドリームら統ーダートGI馬6頭にアメリカからパヴェルも参戦する豪華メンバーが登録

昨年の覇者ゴールドドリームら統ーダートGI馬6頭にアメリカからパヴェルも参戦する豪華メンバーが登録【拡大】

★ハイレベルな一戦制すのはどの馬か!?統ーダートGI馬6頭にアメリカからパヴェルも参戦

 12月2日、中京ではチャンピオンズCが実施される。同レースは、2013年まで「ジャパンCダート」として実施されてきたが、2014年に中京へ移設され、レース名もチャンピオンズCに改称された。今年のチャンピオンズCには、統ーダートGI4勝のゴールドドリーム(牡5歳、栗東・平田修厩舎)、今年のフェブラリーSを制したノンコノユメ(セン6歳、美浦・加藤征弘厩舎)など6頭の統ーダートGI馬に加え、アメリカからスティーブンフォスターハンデキャップ(GI)優勝馬パヴェル(牡4歳、L.モラ厩舎)が参戦するが、ハイレベルな一戦を制すのはどの馬だろうか。

 なお、チャンピオンズCでは、舞台を中京に移した2014年以降、統ーダートGI優勝馬が4年連続で1着となっている。また、チャンピオンズCは、2012年から1番人気馬が6連敗中。今年のJRAダート重賞の結果を見ると、15戦4勝、2着5回(勝率.267、連対率.600)という成績を残しているが、チャンピオンズCはどのような結果になるだろうか。

★連覇に挑むゴールドドリーム、今年はルメール騎手とのコンビで参戦

 ゴールドドリーム(牡5歳、栗東・平田修厩舎)が、トランセンド(2010・11年)以来、史上2頭目のチャンピオンズC連覇に挑む。同馬は、昨年のフェブラリーSでGI初制覇を達成した後は成績が低迷していたが、R.ムーア騎手とのコンビで臨んだチャンピオンズCで勝利を収め、JRAダートGI2勝目を挙げた。ゴールドドリームは、今年は統ーダートGIに出走を続け、フェブラリーS2着→かしわ記念1着→帝王賞1着→南部杯2着と4戦すべてで連対しているが、果たして、今年もチャンピオンズCを制すことができるだろうか。なお、ゴールドドリームにはC.ルメール騎手が騎乗する予定だ。

【続きを読む】