中央競馬:ニュース中央競馬

2018.11.26 05:05

【ジャパンC】アーモンドは化物過ぎる!国枝師「ホッとした」(1/3ページ)

大観衆が見守るなかゴール前で、アーモンドアイ(左)が力強く抜け出す。驚異の世界レコードでGI4勝目を飾った(撮影・田村亮介)

大観衆が見守るなかゴール前で、アーモンドアイ(左)が力強く抜け出す。驚異の世界レコードでGI4勝目を飾った(撮影・田村亮介)【拡大】

 第38回ジャパンカップ(25日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝2400メートル、1着本賞金3億円=出走14頭)前年の覇者も古馬のタイトルホルダーもあっさり退けた。1番人気のアーモンドアイが、2012年のジェンティルドンナ以来となる史上2頭目の3歳牝馬のVを達成。2分20秒6(良)の世界レコードで、国内最強をアピールした。この後は、有馬記念は使わず来年のドバイ遠征に備える。

 アーモンドアイの圧倒的な内容、2分20秒6の驚異的なレコードタイムに、国枝調教師の表情は緩みっぱなしだった。

 「ロンジンの時計は優秀だから、こんなに速いタイムになったんだろ。俺の腕時計はもっと遅かったよ」

 相変わらずの国枝節で周囲を笑わせたが、「すごく期待していたし、たぶん大丈夫だろうと思っていたけど、その通りの結果になってホッとしたよ」。やはり重圧との戦いだったようだ。

 トレーナーが最も懸念していたのは折り合い。だがスタートしてすぐ不安は吹き飛んだ。「ゲートを出て、いい位置が取れた。コントロールも利いていたし、これならと安心した」。さらに、1000メートル通過59秒9とモニターに映し出されたのを見て、「いける!」と勝利を確信した。

 踏み込みが深く、後肢と前肢がぶつかるため、秋華賞では前肢の蹄鉄(ていてつ)はけがをしないようにクッションを付けたものを使用していたが、今回はさらに改良したものを使用。負けられない大一番に万全の態勢で挑んでいた。その結果、生み出された超高速タイム。もう国内に敵はいない。

【続きを読む】

関連

  • GI4勝の「4」なのか。表彰式後、国枝調教師(左)とルメール騎手が笑顔で談笑(撮影・田村亮介)
  • プレゼンターを務めた体操の金メダリスト、内村航平(右)と握手するルメール騎手(撮影・奈良武)
  • ゲートが開くと同時に立ち上がり気味にスタートするアーモンドアイ(右1番ゲート)=東京競馬場(撮影・佐藤雄彦)
  • 1コーナー入り口=25日、東京競馬場(撮影・奈良武)
  • 2コーナー付近=25日、東京競馬場(撮影・奈良武)
  • 残り1000m付近=25日、東京競馬場(撮影・奈良武)
  • 4コーナー~直線入り口=25日、東京競馬場(撮影・奈良武)