中央競馬:ニュース中央競馬

2018.11.26 05:04

【ジャパンC】キセキ、“健逃”2着

ジャパンCで2着に健闘したキセキ

ジャパンCで2着に健闘したキセキ【拡大】

 第38回ジャパンカップ(25日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝2400メートル、1着本賞金3億円=出走14頭)昨年の菊花賞馬キセキが2着。川田騎手が先手を主張し1000メートル通過59秒9と絶妙な流れに持ち込んだが、最後はアーモンドの切れ味に屈した。自身も従来のレコードを大幅に更新しながらの銀メダルに川田騎手は「返し馬からコンディションがすごく良かったし、自分のレースも組み立てられた。普通なら押し切れるところだけど、結果的にほかに素晴らしい馬がいました」と、健闘をねぎらった。今後のローテーションは未定。

★25日東京11R「ジャパンC」の着順&払戻金はこちら