中央競馬:ニュース中央競馬

2018.11.25 15:48

【ジャパンC】3冠牝馬アーモンドアイがJRAレコードで完勝!

2分20秒6の衝撃のレコードタイムで6年ぶり史上2頭目の3歳牝馬によるジャパンC制覇を果たしたアーモンドアイ

2分20秒6の衝撃のレコードタイムで6年ぶり史上2頭目の3歳牝馬によるジャパンC制覇を果たしたアーモンドアイ【拡大】

 11月25日の東京11Rで行われた第38回ジャパンカップ(3歳以上オープン、GI、芝2400メートル、定量、14頭立て、1着賞金=3億円)は、年長馬と初対戦ながら単勝1.4倍と断然の人気を背負った今年の3冠牝馬アーモンドアイ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)が、クリストフ・ルメール騎手に導かれて正攻法の競馬で完勝した。3歳牝馬の優勝は2012年のジェンティルドンナ以来、6年ぶり2頭目。今年は5戦全勝で、そのうち牝馬3冠レースにジャパンCと、GIで4連戦して4連勝を飾ったのは史上初の快挙となり、年度代表馬争いで最有力候補に名乗りを上げた。今後は充電し、来年のドバイ遠征に備える。

 勝ちタイム2分20秒6(良)は、アルカセットが05年のジャパンCでマークした2分22秒1(良)を1秒5上回るJRAレコード。2着はキセキ(4番人気)、3着はスワーヴリチャード(2番人気)だった。

 アーモンドアイは最内枠から五分のスタートを切って4番手へ。その後、3番手、2番手とポジションを上げていくと、逃げていた昨年の菊花賞馬キセキを直線で満を持してかわし、1馬身3/4差をつけてゴールを駆け抜けた。勝ち馬をマークするように内の4~5番手でレースを進めていた今年の大阪杯優勝馬スワーヴリチャードが、さらに3馬身1/2差の3着。

 連覇がかかっていたシュヴァルグラン(5番人気)は4着、GI・2勝馬サトノダイヤモンドは(3番人気)は6着だった。

 アーモンドアイは、父ロードカナロア、母フサイチパンドラ、母の父サンデーサイレンスという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)シルクレーシング。通算成績は7戦6勝。重賞は18年シンザン記念・GIII、桜花賞・GI、オークス・GI、秋華賞・GIに次いで5勝目。ジャパンCは、国枝栄調教師は初勝利。クリストフ・ルメール騎手は09年ウオッカに次いで2勝目。

 ◆クリストフ・ルメール騎手「素晴らしい馬として、言葉が見つかりません。ペースが速かったけれど、リラックスして流れに乗って、直線でよく伸びてくれました。特別な馬ですね」

★【ジャパンC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • 衝撃のレコードVでジャパンカップを制したアーモンドアイ
  • キセキを並ぶことなく抜き去ったアーモンドアイ
  • 古馬を一蹴しガッツポーズで勝利をアピールするアーモンドアイのクリストフ・ルメール騎手
  • アーモンドアイを勝利に導いたクリストフ・ルメール騎手は1番をアピール
  • 古馬を一蹴しガッツポーズで勝利をアピールするアーモンドアイのクリストフ・ルメール騎手
  • 3歳牝馬の優勝は2012年のジェンティルドンナ以来、6年ぶり史上2頭目
  • 喜びを爆発させるクリストフ・ルメール騎手
  • アーモンドアイをねぎらうクリストフ・ルメール騎手
  • スタンドからの歓声に応えるアーモンドアイとクリストフ・ルメール騎手
  • 鞍上のクリストフ・ルメール騎手は中央G1今年8勝目
  • 6年ぶり史上2頭目の3歳牝馬によるジャパンカップ制覇を果たしたアーモンドアイ
  • アーモンドアイで勝利し、国枝栄調教師と話すC.ルメール騎手(右)
  • クリストフ・ルメール騎手と内村航平
  • レコードタイムを示すロンジンの大時計を指さし笑顔のC.ルメール騎手
  • 川田将雅騎手騎乗のキセキは2着
  • M.デムーロ騎手騎乗のスワーヴリチャードは3着
  • C.デムーロ騎手騎乗のシュヴァルグランは4着
  • 10着に敗れて引き揚げるサンダリングブルー(手前)と11着のカプリ
  • R.ムーア騎手騎乗のカプリは11着
  • J.モレイラ騎手騎乗のサトノダイヤモンドは6着
  • 服部茂史騎手騎乗のハッピーグリンは7着