中央競馬:ニュース中央競馬

2018.11.22 05:11

【ジャパンC】フェラーリ級!アーモンド、4馬身先着(1/3ページ)

ルメール騎手を背にアーモンドアイは抜群の加速を披露。楽な手応えで併せた相手をみるみる引き離した (撮影・佐藤雄彦)

ルメール騎手を背にアーモンドアイは抜群の加速を披露。楽な手応えで併せた相手をみるみる引き離した (撮影・佐藤雄彦)【拡大】

 中央競馬のジャパンカップの追い切りが21日に行われ、今年の3冠牝馬で最有力候補のアーモンドアイ(美浦・国枝栄厩舎、牝3歳)が、茨城・美浦トレセンで抜群の動きを見せた。併せ馬で軽々と4馬身先着し、ピークを思わせる状態に仕上がった。サンケイスポーツ調教評価も最高の『S』。2012年のジェンティルドンナ以来となる3歳牝馬のVへ向けて態勢を整えた。ジャパンCの枠順は22日に確定、23日に金曜発売が実施される。

 今季一番の冷え込みとなった美浦を、女王の走りが一気に熱くした。アーモンドアイが追い切りで圧巻のぶっちぎり。文句なしのサンケイスポーツ調教評価『S』だ。

 「最初からリラックスしていてフットワークはとても良かったです。直線ではすごくいい脚を使いました。パワーアップしたと思います」

 さらなる進化を遂げた3冠牝馬に、ルメール騎手は頼もしげな視線を送った。ウッドチップ(W)コースでウォリアーズクロス(1600万下)を追走し、残り1ハロンで内から並びかけると、アッという間に4馬身先着。初霜が降り、ウッドチップが湿り気を帯びパワーを要する馬場状態に失速する馬も出るなか、馬なりで6ハロン83秒2、3ハロン38秒3-12秒5は出色の時計だ。抜群の加速力に、詰めかけた報道陣からは感嘆のため息すらもれた。

【続きを読む】

関連

  • 直線には入って古馬のウォリアーズクロス(右)を楽な手応えで引き離しにかかるアーモンドアイ=美浦トレーニングセンター(撮影・佐藤雄彦)
  • 持ったままで加速して古馬のウォリアーズクロス(右)を置き去りにするアーモンドアイ=美浦トレーニングセンター(撮影・佐藤雄彦)