中央競馬:ニュース中央競馬

2018.11.14 17:16

18年欧州年度代表馬はロアリングライオン エネイブルは最優秀古馬を受賞

史上初の同一年の凱旋門賞、BCターフの連勝を達成したエネイブルは最優秀古馬を受賞した

史上初の同一年の凱旋門賞、BCターフの連勝を達成したエネイブルは最優秀古馬を受賞した【拡大】

 ヨーロッパ競馬の年度代表表彰であるカルティエ賞(Cartier Award)が13日に発表された。

 2018年の年度代表馬には、最優秀3歳牡馬を受賞したロアリングライオン(牡3歳、イギリス・J.ゴスデン厩舎、父キトゥンズジョイ、母Vionnet、母の父ストリートセンス)が選出された。ロアリングライオンは、通算成績13戦8勝。今シーズンは9戦5勝で、そのうちGI勝ちは7月のエクリプスS、8月の英インターナショナルS、9月の愛チャンピオンS、10月のクイーンエリザベス2世Sの4勝。

 昨年の年度代表馬エネイブル(牝4歳、イギリス・J.ゴスデン厩舎)は、今年の春シーズンを休養しながらも、秋には3戦3勝。史上初の同一年の凱旋門賞、BCターフの連勝を達成。今年のカルティエ賞では最優秀古馬を受賞した。