中央競馬:ニュース中央競馬

2018.11.9 05:04

【ジャパンC】池江師、ダイヤモンドは「上積みある」

サトノダイヤモンド(左)は僚馬と併入。陣営は叩いた上積みを見込んでいる(撮影・岩川晋也)

サトノダイヤモンド(左)は僚馬と併入。陣営は叩いた上積みを見込んでいる(撮影・岩川晋也)【拡大】

 《栗東》京都大賞典で1年7カ月ぶりの白星を挙げたサトノダイヤモンド(栗・池江、牡5)は、CWコースで6ハロン81秒3-11秒7。ラストは一杯に追われて僚馬と併入。池江調教師は「動きは良かったし、上積みはあると思います。前走の内容も良かったし、だいぶ戻ってきた感じです」とうなずいた。

 《美浦》札幌記念13着のミッキースワロー(菊沢、牡4)は、Wコース6ハロン85秒8-12秒6(G前仕掛け)で僚馬に2馬身先着した。「息の入りはいいので、あとは競馬モードに切り替えていけば。左回りは初めてだけど、不器用なので東京はいい」と菊沢調教師。

★サトノダイヤモンドの競走成績はこちら