中央競馬:ニュース中央競馬

2018.11.7 12:03

【佐藤洋一郎・馬に曳かれて半世紀(60)】今昔馬学生~その(1)~教えつつ学ばされた馬学徒たち(1/2ページ)

筆者は、京王杯2歳Sでラバストーンに敢然と◎を打ったが…

筆者は、京王杯2歳Sでラバストーンに敢然と◎を打ったが…【拡大】

 またビリでしたね、ラバストーン。こうしてまたマイナス1億円に近付いた佐藤洋一郎プロであった。(ネアルコとハイペリオン)

 痛罵にひとしい酷評が、11月3日のウマニティ「競馬日記」(公開)を直撃した。その日記はサンスポの「穴馬絞り」を載録した、

『電子版穴馬絞り 弔い合戦

 また一人、かけがえのない馬友を失った。予想ソフト「カツラギ」でJRAーVANデビューし、ウマニティの創業にも携わった京大出の奇才河内一秀、享年47歳。POG仲間のくりーくからの訃報によれば突然死(心不全)だった。

 春の東京開催の「馬飲み会」で隣席し、大学に通うために東京から京都(競馬場の近く?)に引っ越し、カツラギエースのジャパンカップに感動し、予想ソフトをカツラギと命名し…と、顔色ひとつ変えずに淡々と語り、延々と飲み続ける酒豪の目が、眼鏡越しに潤んで見えた。なぜいい奴ほど先に逝く。くそったれ、ばかやろう!

 桐一葉、落ちて天下の秋を知る。合掌。

【続きを読む】