【JBCスプリント】マテラスカイはゴール前で交わされ2着 武豊「あと少しだったのですが…」

2018.11.4 19:44

 11月4日(日)の京都10Rで行われた第18回JBCスプリント(交流GI、3歳以上オープン、選定馬、定量、ダート・右1200メートル、16頭立て、1着賞金=7000万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の4番人気グレイスフルリープ(牡8歳、栗東・橋口慎介厩舎)が2番手追走から抜け出して勝利。交流GI初制覇を果たした。タイムは1分10秒4(良)。

 武豊騎手騎乗で1番人気に支持されたマテラスカイは、前半3ハロン33秒7の逃げを打って最後の直線に入っても懸命に粘ったが、ゴール寸前で差を詰めてきた勝ち馬に交わされ、惜しくもクビ差2着となった。

 武豊騎手「あと少しだったのですが…。でも、自分の競馬をすることができましたし、よく頑張ってくれたと思います」

★【JBCスプリント】払い戻し確定!! 全着順も掲載

閉じる