中央競馬:ニュース中央競馬

2018.11.4 15:43

【AR共和国杯】6歳で本格化、パフォーマプロミスがV

アルゼンチン共和国杯で2つ目の重賞タイトルを獲得したパフォーマプロミス(右)

アルゼンチン共和国杯で2つ目の重賞タイトルを獲得したパフォーマプロミス(右)【拡大】

 11月4日の東京11Rで行われた第56回アルゼンチン共和国杯(3歳以上オープン、GII、芝2500メートル、ハンデ、12頭立て、1着賞金=5700万円)は、コルム・オドノヒュー騎手騎乗の3番人気パフォーマプロミス(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)が中団追走から直線外めを伸びて、レースの上がり3ハロンが33秒3という瞬発力勝負を制した。タイムは2分33秒7(良)。パフォーマプロミスは重賞2勝目。コルム・オドノヒュー騎手はJRA重賞初制覇となった。

 3/4馬身差の2着には大外から追い込んだムイトオブリガード(1番人気)、さらに半馬身差遅れた3着に好位から脚を伸ばしたマコトガラハッド(11番人気)。

 アルゼンチン共和国杯を勝ったパフォーマプロミスは、父ステイゴールド、母アイルビーバウンド、母の父タニノギムレットという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)サンデーレーシング。通算成績は15戦7勝。重賞は2018年日経新春杯・GIIに次いで2勝目。アルゼンチン共和国杯は、藤原英昭調教師、コルム・オドノヒュー騎手ともに初優勝。

 ◆コルム・オドノヒュー騎手(1着 パフォーマプロミス)「藤原英調教師から『好きなように乗っていい』と言われていたので、自信を持って乗りました。先頭に立つと止まるようなところがあるので、大きな着差をつけて勝つような馬ではありませんが、まだ余力がありそうな感じでした」

★【アルゼンチン共和国杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • アルゼンチン共和国杯を制したパフォーマプロミス
  • アルゼンチン共和国杯を制し重賞2勝目となったパフォーマプロミス
  • 上がり3ハロン33秒3という瞬発力でアルゼンチン共和国杯を制したパフォーマプロミス
  • アルゼンチン共和国杯を制したパフォーマプロミス
  • アルゼンチン共和国杯を制したパフォーマプロミス
  • 引き揚げてくるパフォーマプロミスとコルム・オドノヒュー騎手
  • JRA重賞初制覇となったコルム・オドノヒュー騎手
  • コルム・オドノヒュー騎手と藤原英昭調教師
  • 四位洋文騎手騎乗のムイトオブリガードは2着
  • 石川裕紀人騎手騎乗のマコトガラハッドは3着