中央競馬:ニュース中央競馬

2018.11.3 15:53

【京王杯2歳S】ファンタジストが接戦制す~無傷の3連勝

最内のアウィルアウェイとの競り合いを制して無傷3連勝で重賞2勝目を飾ったファンタジスト(手前)

最内のアウィルアウェイとの競り合いを制して無傷3連勝で重賞2勝目を飾ったファンタジスト(手前)【拡大】

 11月3日の東京11Rで行われた第54回京王杯2歳ステークス(2歳オープン、GII、芝1400メートル、馬齢、8頭立て、1着賞金=3800万円)は、武豊騎手騎乗の2番人気ファンタジスト(牡、栗東・梅田智之厩舎)が好位追走から直線は内めを伸びて、最内のアウィルアウェイとの競り合いを制した。タイムは1分24秒7(良)。ファンタジストは、7月の中京の新馬勝ち(芝1200メートル)、9月の小倉2歳S(GIII、芝1200メートル)に続いて無傷の3連勝。

 ハナ差の2着には後方追走から直線インをついて抜け出したアウィルアウェイ(1番人気)、さらに2馬身差遅れた3着に3番手から馬場の真ん中を伸びたカルリーノ(6番人気)。

 京王杯2歳Sを勝ったファンタジストは、父ロードカナロア、母ディーブインアスク、母の父ディープインパクトという血統。北海道日高町・ShallFarmの生産馬で、馬主は 廣崎利洋氏。通算成績は3戦3勝。重賞は2018年小倉2歳S・GIIIに次いで2勝目。京王杯2歳Sは、梅田智之調教師は初優勝、武豊騎手は2003年コスモサンビーム、に次いで2勝目。

 ◆武豊騎手(1着 ファンタジスト)「きょうは前半スローな流れになりましたが、その中でもいい感じに折り合いがついて、じょうずに走ってくれました。最後、速くなるなと思っていましたがうまく対応してくれました。前走から距離が延びても折り合いがつきましたし、さらに延びても大丈夫だと思います。楽しみな一頭です」

★【京王杯2歳S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • 最内のアウィルアウェイとの競り合いを制して無傷3連勝で重賞2勝目を飾ったファンタジスト(手前)
  • 最内のアウィルアウェイとの競り合いを制して無傷3連勝で重賞2勝目を飾ったファンタジスト(手前)
  • 無傷3連勝で重賞2勝目を飾った武豊騎乗のファンタジスト
  • 無傷3連勝で重賞2勝目を飾った武豊騎乗のファンタジスト