中央競馬:ニュース中央競馬

2018.10.28 20:18

【天皇賞・秋】スワーヴリチャード痛恨の出遅れ10着…ミルコ「次走巻き返したい」

M.デムーロ騎手騎乗のスワーヴリチャードは10着

M.デムーロ騎手騎乗のスワーヴリチャードは10着【拡大】

 10月28日の東京11Rで行われた第158回天皇賞・秋(3歳以上オープン、GI、芝2000メートル、定量、12頭立て=ダンビュライトは競走除外、1着賞金=1億5000万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の2番人気レイデオロ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が差し切り勝ち。昨年のダービーに続くGI・2勝目を挙げた。

 今年の大阪杯でGI初勝利を挙げ、1番人気に支持されたスワーヴリチャードはスタート直後、隣枠にいた一昨年のダービー馬マカヒキに寄られてはじかれる形となり、痛恨の出遅れ。後方2番手からレースを進めるも、直線見せ場なく10着に終わった。

 M.デムーロ騎手「スタートで挟まれたし、4コーナーでも接触するシーン。直線も伸びてはくれませんでした。久々のぶん、気持ちも入っていなかったのかも…。次走で巻き返したいですね」

★【天皇賞・秋】払い戻し確定!! 全着順も掲載