中央競馬:ニュース中央競馬

2018.10.27 15:54

【アルテミスS】母、姉に続け!シェーングランツが大外強襲V

直線で末脚を伸ばし、鮮やかに差し切って重賞制覇を飾った武豊騎手騎乗のシェーングランツ

直線で末脚を伸ばし、鮮やかに差し切って重賞制覇を飾った武豊騎手騎乗のシェーングランツ【拡大】

 10月27日の東京11Rで行われた第7回アルテミスステークス(2歳オープン、牝馬、GIII、芝1600メートル、馬齢、15頭立て、1着賞金=2900万円)は、武豊騎手騎乗の6番人気シェーングランツ(美浦・藤沢和雄厩舎)が大外一気の強襲で重賞初制覇。シェーングランツの上がり3ハロンはメンバー中最速の33秒7。勝ちタイムは1分33秒7(良)。シェーングランツの母スタセリタは仏オークス馬で、半姉ソウルスターリング(父フランケル)は阪神JF&オークスの勝ち馬。その血に違わぬスケールの大きさを垣間見せる走りだった。

 半馬身差の2着には中団追走から直線外めを伸びたビーチサンバ(5番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着に馬群を割って伸びたエールヴォア(2番人気)。

 アルテミスSを勝ったシェーングランツは、父ディープインパクト、母スタセリタ、母の父モンズンという血統。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は(有)社台レースホース。通算成績は3戦2勝。重賞初勝利。アルテミスSは、藤沢和雄調教師は初優勝、武豊騎手は2016年リスグラシューに次いで2勝目。

 ◆武豊騎手(1着 シェーングランツ)「返し馬で初めて乗って“すごくいいな”と期待していました。スタートが良くなくて、道中も走る気になっていなかったけど、直線で外に出したら走るフォームが変わり、すごい脚でしたね。やはり藤沢厩舎の馬は走るなと思いました。可能性のある馬で楽しみです。お姉さんとの比較ですか? ボクはソウルスターリングは遠くから見ていただけですから(笑)。素質は感じますし、可能性はかなりあると思います」

 ◆藤沢和雄調教師(1着 シェーングランツ)「忙しい競馬だったけど、いい脚を使ってくれた。お姉ちゃんとは全然タイプが違う。こちらは、すごく慎重な子。少しずつ大人になっている」

★【アルテミスS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • 直線で末脚を伸ばし、鮮やかに差し切って重賞制覇を飾った武豊騎手騎乗のシェーングランツ(右)
  • 直線で末脚を伸ばし、鮮やかに差し切って重賞制覇を飾った武豊騎手騎乗のシェーングランツ
  • アルテミスSで重賞制覇を果たしたシェーングランツと鞍上の武豊騎手
  • 重賞初制覇のシェーングランツ
  • アルテミスSを制したシェーングランツ
  • 声援に応える武豊騎手
  • 出世レースのアルテミスSを制したシェーングランツ
  • 見事勝利に導いた武豊騎手とシェーングランツ
  • シェーングランツを管理する藤沢和雄調教師
  • 藤岡康太騎手騎乗のビーチサンバは2着
  • 浜中俊騎手騎乗のエールヴォアは3着
  • 松岡正海騎手騎乗のウインゼノビアは4着