中央競馬:ニュース中央競馬

2018.10.29 09:18

ダートの祭典JBC展望!創刊25周年企画など連載も盛りだくさん

アルゼンチン共和国杯、デイリー杯2歳S、ファンタジーSの3重賞に加え、史上初めてJRAの京都競馬場で行われるダートの祭典・JBCを展望!

アルゼンチン共和国杯、デイリー杯2歳S、ファンタジーSの3重賞に加え、史上初めてJRAの京都競馬場で行われるダートの祭典・JBCを展望!【拡大】

 好評発売中(11月4日号)の週刊ギャロップはアルゼンチン共和国杯、デイリー杯2歳S、ファンタジーSの3重賞に加え、史上初めてJRAの京都競馬場で行われるダートの祭典・JBCを展望します。

 スペシャルウィークやアグネスデジタルを手がけた白井寿昭元調教師がファンタジーS、「馬券のプロ」を自認し、マツリダゴッホやサウンドトゥルーなどの生産者である岡田牧雄氏がアルゼンチン共和国杯と京王杯2歳Sを攻略するほか、血統班、データ班による分析、厩舎コメント、中間の調教など、馬券検討に欠かせない情報が満載です。

 創刊25周年企画の「平成のレースオブザイヤー」は連載第2回。オグリキャップのラストランとなった有馬記念など、平成2年の印象的なシーンを振り返ります。スペシャル対談としてお送りするのは三浦皇成騎手とオートレースの青山周平選手。それぞれのレースの魅力やけがからの復帰、今後の目標などについて熱く語り合います。

 このほか「Monthly馬術部」、「運命の邂逅(かいこう)キタサンブラック」、「岡部幸雄の菊花賞観戦記」、などバラエティーに富んだ連載も読み応え十分です。

 誌上POGは第2次参加者を募集中。その参考となる「東西トレセン発 超抜2歳馬」、「牧場ホットライン」、新馬戦出走予定馬、入厩馬の調教タイムなど、2歳馬情報も本誌にお任せください。

関連

  • 帝王賞、川崎記念Vの実績を持つケイティブレイブが、昨年は惜しくも2着に敗れているJBCクラシックに挑む
  • シリウスSで初重賞制覇を果たした3歳馬のオメガパフュームが、JBCクラシックで初のGIタイトル獲得を目指す