中央競馬:ニュース中央競馬

2018.12.28 07:30

菊花賞&天皇賞・秋を的中!岡田繁幸氏がホープフルSの予想を披露(4/5ページ)

菊花賞を○◎で馬単6010円&天皇賞・秋◎▲で馬単2370円を的中させたマイネル・コスモ軍団総帥・岡田繁幸氏が、ホープフルS予想に登場

菊花賞を○◎で馬単6010円&天皇賞・秋◎▲で馬単2370円を的中させたマイネル・コスモ軍団総帥・岡田繁幸氏が、ホープフルS予想に登場【拡大】

----------------------
2015年の天皇賞(春)で2番人気ゴールドシップを推奨して1着!
----------------------

★【岡田繁幸の相馬眼】キズナよりゴールド!長距離は調子の良しあしが重要!

 ◆身体能力は最上位

 今年の春の天皇賞は難解です。いかにも長距離ランナーという出走馬がおらず、実力や展開以上に当日の調子が結果に大きく関わってきます。

 競走馬というのは、1600mくらいまでは少々調子が悪くても走り切れるのですが、それ以上距離が延びると勝手が違います。大きな動物である馬にとって3200mは、全身に大量の血液を送りながら全力で走らなくてはならないので、人間が同じ距離を走る以上に過酷。それだけに結果が調子の良しあしに左右されるのです。

 調教をやり過ぎていないか、気力は充実しているかなど、追い切りの映像や新聞報道などから判断しないと、痛い目に遭いそうです。

 私の予想スタイルは、調子を考慮することなく馬体考察で判断するものですが、今回はそうした調子なども加味して総合的に判断します。

 本命はゴールドシップ。体の柔らかい馬は、気力と体力が充実していると強い競馬をします。追い切りを見たり、新聞報道を読んだりする限り、今のゴールドシップは気力、体力とも充実しているとみました。そうであれば、相対的な身体能力の差で最上位に挙げられます。

 機敏な動きが得意ではなかった母の父メジロマックイーンから受け継いだ体質を、父ステイゴールド譲りの敏捷(びんしょう)性で補っているこの馬にとって、レコード決着のような競馬は苦手ですが、今の京都の芝コースは例年ほど時計が速くないという話です。これもプラス材料になります。

 ◆当日の気配に注目

 とにかく今回は、当日の体調の良しあしが重要なファクターです。新聞などの情報を事前にチェックし、パドックや返し馬を見て出走馬の好不調を判断してください。(ビッグレッドファームグループ代表)

★「第151回 天皇賞・春」の結果&払い戻しはこちら

【続きを読む】

関連

  • 天皇賞・秋を制したレイデオロ(右、青帽)と2着に入ったサングレーザー(左、緑帽)
  • 菊花賞を制したフィエールマン(緑白の染め分け帽)とハナ差2着のエタリオウ(黄帽)
  • 2014年の菊花賞で3番人気トーホウジャッカルの単勝を激奨した岡田繁幸氏。見事、トーホウジャッカルが菊花賞馬に輝いた
  • 2014年の菊花賞を制したトーホウジャッカル
  • 2015年の日本ダービーを制したドゥラメンテ
  • 2015年の天皇賞・春を制したゴールドシップ(左奥)