中央競馬:ニュース中央競馬

2018.12.28 07:30

菊花賞&天皇賞・秋を的中!岡田繁幸氏がホープフルSの予想を披露(1/5ページ)

菊花賞を○◎で馬単6010円&天皇賞・秋◎▲で馬単2370円を的中させたマイネル・コスモ軍団総帥・岡田繁幸氏が、ホープフルS予想に登場

菊花賞を○◎で馬単6010円&天皇賞・秋◎▲で馬単2370円を的中させたマイネル・コスモ軍団総帥・岡田繁幸氏が、ホープフルS予想に登場【拡大】

 2歳の若駒たちが覇権を争うホープフルステークス(GI、2歳オープン、中山、芝2000メートル)。12月28日に行われる今年最後の中央競馬GIレース予想に、菊花賞を○◎で馬単6010円&天皇賞・秋を◎▲で馬単2370円を的中させたあの“大物”が登場!

 マイネル・コスモ軍団総帥にして、“日本一の相馬眼”を持つといわれる岡田繁幸氏(68)=ビッグレッドファームグループ代表=。岡田氏は2013年の有馬記念からサンケイスポーツで予想を披露。14年のダービーは▲◎で馬単1860円を的中。この年の菊花賞では、3番人気のトーホウジャッカルに自信の◎を打ち、馬単4470円をズバリ的中させた。天皇賞は、15年の春に1番人気だったキズナよりも2番人気のゴールドシップを本命に推奨して同馬が優勝。同年のダービーも勝ったドゥラメンテに◎を打ち、「まず、勝てるでしょう」と自信満々に仕留めた。また今秋に行われた菊花賞を○◎で馬単6010円、天皇賞・秋を◎▲で馬単2370円の的中。これまで上位評価の馬は確実に馬券に絡んでいる。

 卓越した相馬眼と理論で解き明かすコラム「岡田繁幸の相馬眼」を公開中です。お見逃しなく!

※ベーシックパックご加入の方が閲覧可

★岡田繁幸氏が披露した数々の神予想を振り返る

--------------------------------------------
2018年の秋の天皇賞では2000メートルが最も得意だとした◎レイデオロを推奨!
--------------------------------------------

★【岡田繁幸の相馬眼】

 今年の秋の天皇賞は抜けた存在はいませんが、強いメンバーがそろっています。ハイレベルの戦いになるはずの今回、最後に抜け出す馬はどれか-。東京・芝2000メートルという舞台に最も適した馬だと思っています。

 馬体や走法、筋肉などの体質による考察から、東京の芝2000メートル戦で本命に浮上するのはレイデオロです。

 昨年のダービーでは評価を△に留めました。サンデーサイレンスの血が入っていないこともあり筋肉がやや硬め。背中が短くて少し反っているため上体が浮いてしまう欠点もあり、2400メートル戦ではバテると判断したからです。ところが超スローペースのなか、C・ルメール騎手にうまく導かれ、2000メートルのようなレースになっての優勝でした。

 今回は最も得意な2000メートルが舞台。この距離なら多少エネルギー効率の悪い走りをする体形でも、恵まれた強い筋肉から繰り出すパワーと、キングカメハメハの子供にしては優れた敏捷(びんしょう)性によって十分対応できます。

 1週前追い切りで深い馬場に脚を取られてバランスを崩しゴール後に下馬したそうですが、翌日に坂路に入れているので心配ありません。状態さえ整っていれば、最後の直線で力強い伸び脚を見せてくれるはずです。

 スワーヴリチャードも強い馬ですが、今回の舞台で叩き合いになればレイデオロの方が上とみています。2000メートルの大阪杯を勝っていますが、長い背中やお尻の位置などからして2400メートルの方が得意。今回の距離では◎に分があります。

 この2頭を負かすとすればサングレーザー。2歳暮れのホープフルSで5着に敗れてから1600メートル以下を中心に使われてきましたが、体形や走法は明らかに2000メートル向き。同距離の前走・札幌記念を勝ったのは当然と思っています。父ディープインパクト譲りの瞬発力は◎○の2頭より上。その2頭をマークして1~2馬身後ろを追走し、直線勝負に持ち込めば勝機が見えてきます。鞍上が馬を信じて乗ることが絶対条件です。

 4番手評価はアルアイン。ディープ産駒らしく筋肉が柔らかく、全身を使いエネルギー効率のいい走りができる馬。早めに仕掛けて3馬身ほど抜け出せればチャンスが出てくるでしょう。

 マカヒキは強力なバネがないぶん5番手にしましたが、評価はアルアインと遜色ありません。上位評価馬と同じ位置から仕掛けたら後れを取るので、鞍上の乗り方が結果を大きく左右するとみています。「競馬は個性の戦い」が持論ですが、鞍上がどれだけその馬の個性を生かす騎乗ができるかどうかも重要。◎○同様、マカヒキの武豊ももちろん、それができる騎手です。 (ビッグレッドファームグループ代表)

★「第158回 天皇賞・秋」の結果&払い戻しはこちら

【続きを読む】

関連

  • 天皇賞・秋を制したレイデオロ(右、青帽)と2着に入ったサングレーザー(左、緑帽)
  • 菊花賞を制したフィエールマン(緑白の染め分け帽)とハナ差2着のエタリオウ(黄帽)
  • 2014年の菊花賞で3番人気トーホウジャッカルの単勝を激奨した岡田繁幸氏。見事、トーホウジャッカルが菊花賞馬に輝いた
  • 2014年の菊花賞を制したトーホウジャッカル
  • 2015年の日本ダービーを制したドゥラメンテ
  • 2015年の天皇賞・春を制したゴールドシップ(左奥)