中央競馬:ニュース中央競馬

2018.10.12 05:06

【秋華賞】前哨戦を斬る(1/2ページ)

A評価となったオークス

A評価となったオークス【拡大】

 《オークス=A》芝2400メートルの勝ち時計2分23秒8は、翌週のダービーより0秒2遅いだけ。ジェンティルドンナが持つレースレコードに0秒2差と迫る優秀なものだった。アーモンドアイは従来より前めの位置取りから、次位を0秒7も上回る上がり3ハロン最速の33秒2をマークして完勝。3着ラッキーライラックは桜花賞より着差を広げられた。

 《ローズS=B》走破タイムは良馬場の水準級。前後半の半マイルが47秒5-45秒8と前半が遅く、先行勢に有利なラップで推移したとはいえ、カンタービレは4コーナー先頭からラスト2ハロン目10秒8の強烈な加速で後続を完封。この機動力は京都内回りで大きな武器になる。

 《紫苑S=B》コースレコードに0秒2差の好タイムで決着。勝ったノームコアの回避は惜しまれる。敗戦組では4着のパイオニアバイオに注目。大外に持ち出されてからの伸びが目立ち、上がり3ハロン33秒8は勝ち馬に次ぐものだった。

 《関屋記念=A》プリモシーンの勝ち時計はコースレコードに0秒1差と優秀。51キロの軽量も味方したとはいえ、強力な年長馬を封じ込んだ点は評価できる。

【続きを読む】