中央競馬:ニュース中央競馬

2018.10.11 16:34

南部杯連覇ベストウォーリアが引退、種牡馬に

14、15年と南部杯を制しているベストウォーリアが引退。今後は種牡馬入りする予定だ

14、15年と南部杯を制しているベストウォーリアが引退。今後は種牡馬入りする予定だ【拡大】

 2014&15年の交流GI・南部杯を連覇したベストウォーリア(栗東・石坂正厩舎、牡8歳、父マジェスティックウォリアー、母フラーテイシャスミス、母の父ミスターグリーリー)の引退が決まった。10月11日、石坂調教師が明らかにした。「よく頑張ってくれました。この後は種牡馬として、いい子どもを出してほしいです」。今後は北海道新冠町の優駿スタリオンステーションで種牡馬となる。

 ベストウォーリアは通算成績36戦9勝(うち重賞5勝)。今週月曜日の南部杯・盛岡交流GI(6着)がラストランになった。

★ベストウォーリアの競走成績はこちら