中央競馬:ニュース中央競馬

2018.10.8 10:56

“鬼才”サンスポ佐藤洋の★が勝って10万4550円!!

佐藤洋一郎

佐藤洋一郎【拡大】

【佐藤洋一郎のweb専科】月曜東京1R

 新聞には締め切り時間があって、ダンゴ(予想)送稿の場合はまず東西の9~12Rを送る。その後1時間くらいの余裕があって、東京の1~8Rまでを完了させるのが流れだ。

 その【東京1R】と向き合ったときに、馬名だけでなく騎手もながめて…お、横山父子が2枠に同居している…と、文字通りの親子どんぶりを念頭に馬の可能性をチェックした。

 親父・典弘の④テイエムアカリオーが2回の2桁着順から一気に馬券圏内に突入するには、中山の芝から府中のダートに替わっての「一変」に期待するしかない。しかし、息子・武史の◎③アーチンガイは、新潟の新馬(後方のまま)を叩いての2戦目に、一気に先行2~3番手の変わり身を見せた。馬格があり、血統背景も十分。あの先行力がダートで生かせれば…。

 どっちが来ても(両方ならベスト)いい枠連も買う。さあ、来い! ノリ・タケどんぶり!

《単勝》
 ③番 1000円

《複勝》
 ③番 3000円
 ④番 2000円

《枠連》総流し
 〔2〕-〔1〕〔2〕〔3〕〔4〕〔5〕〔6〕〔7〕〔8〕 各500円

 ※結果…親父・典弘のテイエムアカリオー(〔2〕枠)がなんと12番人気の低評価を覆して直線一気。《複勝》33.1倍で6万6200円。2着は〔6〕枠のフーズサイド(6番人気)で《枠連》〔2〕-〔6〕は77.6倍で3万835円。総額10万4550円を手にしました。2018年「ガチンコ収支バトル」第3ステージで6位まで押し上げた佐藤洋一郎記者。「一番堅い◎」も含め好調な“鬼才”に注目です!

佐藤洋一郎(さとう・よういちろう) 

季節 馬場 展開

3連単

プロフィル

1970年サンスポの「読者対抗予想コンテスト」に優勝、初代チャンピオンとなる。その後、競馬エイト発刊スタッフに加わり、その後サンスポに移籍。40数年、穴馬券ひとすじ。

予想スタイル

キ・バ・テン発想から季節成績、馬場、展開が基本スタイル。さらに競走馬の気性にも注目し、特殊馬具の装着も重要と考える。

※佐藤洋一郎の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります