中央競馬:ニュース中央競馬

2018.9.30 05:10

祝!武4000勝!!同級生・池江師が特別寄稿(1/2ページ)

武豊騎手は2005年にディープインパクトでダービーを圧勝。数あるGI勝利の中でも強い印象を残した一戦だ

武豊騎手は2005年にディープインパクトでダービーを圧勝。数あるGI勝利の中でも強い印象を残した一戦だ【拡大】

 JRA通算4000勝を達成した武豊騎手(49)=栗東・フリー=と同級生で、トップトレーナーの池江泰寿調教師(49)=栗東=が、サンケイスポーツに祝福メッセージを寄稿。子供の頃から夢を追いかけ続けたレジェンドの素顔は? 旧知の仲ならでは思い出を、たっぷりと明かしてくれた。

 4000勝達成、おめでとう。開催が週末だけのJRAでは、天文学的な数字。まさに天才、神業だよ。

 栗東の保育園、小、中学校の同級生で、旧知の仲。父が騎手から調教師になる家庭環境も同じで、栗東トレセンができる以前は、厩舎があった京都競馬場で一緒に遊んだな。ユタカは、子供の頃から運動神経が抜群。プロ野球選手になるんじゃないかと思うくらい、野球が上手だった。小学5年生からは一緒に乗馬クラブに通って、当時から(馬への)当たりが柔らかかったね。

 自分から人に寄っていくタイプではないけど、自然と人が寄ってくる。悪口を言わないし、クラスのみんなから好かれていた。今でも食事に行くと、気遣いのできるところも昔のまま。人としてできているし、『少年がそのまま大人になった』というより、『昔から大人びた少年』だったね。

【続きを読む】

関連

  • 池江調教師(左)は幼なじみでもある盟友、武豊騎手への祝福をサンケイスポーツに寄せた
  • 4000勝を達成した武豊騎手は、記念のレイを着用したメイショウカズヒメの馬上で「4」を掲げた(撮影・安部光翁)