中央競馬:ニュース中央競馬

2018.9.28 12:00

【覆面記者の耳よりトーク】スプリンターズS

この舞台で勝ち鞍があり、速い上がりを使えるダイメイプリンセスが有力候補に浮上した

この舞台で勝ち鞍があり、速い上がりを使えるダイメイプリンセスが有力候補に浮上した【拡大】

 今週の『覆面記者の耳よりトーク』は、スプリンターズSが対象。過去10年で連覇を達成した馬が2頭おり、舞台適性が重要だ。この舞台で勝ち鞍があり、速い上がりを使えるダイメイプリンセスが有力候補に浮上した。展開不向きのラブカンプー、乗り替わりのレッドファルクスには“黄信号”。ファインニードルは、仕上がり途上の前走で快勝した反動を心配する意見も…。

 記者A いよいよGIシーズンの到来や。バンバン“おいしい”話を頼むで。

 記者B 秋のGI開幕戦は、舞台適性が重要になりそう。ベテランのZ調教師は「中山芝1200メートルは、短距離戦だけど差しが決まる。ゴール前の急坂で前に行った馬がバタッと止まるんや」と解説。P騎手も「スタートしてすぐ下り坂になるので、前半が速くなりやすい。そこで我慢しないといけないし、巧拙が問われます」と説明してくれました。

 記者C 近年も大外一気が決まっているからな。面白いのは、ダイメイプリンセスちゃうか。2戦1勝とはいえ、この舞台で勝ち鞍があり、末脚をためることもできる。J厩務員は「“直千”でこそ力を発揮する馬かと思っていたけど、前走(北九州記念2着)で見直した。ここでも不気味な存在になるかもしれんで」と実力を認めていたよ。

 記者D 差し馬なら、サマースプリント王者アレスバローズも侮れん。V調教師は「以前、(管理馬と)同じレースで見たときに、いい馬だと思った。夏に力をつける馬はおるし、やっぱりここまできた」と成長力を認めていたわ。

 記者E 逆にラブカンプーは、今回はしんどそう。「今回は行く馬が多いし、前に行く馬はつらい」とR騎手。これまで、直線が平坦の競馬場での良績が目立ちますし、荷が重いんじゃないですか。

 記者C 3連覇を目指すレッドファルクスは、乗り替わりを不安視する声。Q騎手は「戸崎騎手は精密機械のように指示通りに乗れる上手な騎手。ただ、(M・)デムーロが乗り方を知っているわけだから、少しマイナスだよね」とジャッジしていました。

 記者A 主役になりそうなファインニードルはどうやろ。X騎手は「この路線は層が薄い印象だし、抜けて強いんちゃうか」と話していた。素直に信頼する手もあるが…。

 記者B 確かに、前走も高橋忠調教師が「5、6分の状態」と話す中での快勝。ただ、T助手は「馬が仕上がっていない中で競馬をすると、疲れたり反動が出ることもある」と指摘していました。前哨戦で強い競馬をした“代償”があるかもしれません。

★スプリンターズSの枠順はこちら 調教タイムも掲載