中央競馬:ニュース中央競馬

2018.9.25 17:26

【スプリンターズS】レースの注目点(3/5ページ)

スプリンターズSで史上初のJRA同一GI3連覇を目指すレッドファルクス

スプリンターズSで史上初のJRA同一GI3連覇を目指すレッドファルクス【拡大】

★スプリント路線で活躍のアドマイヤムーン産駒 GI馬2頭を含む4頭が登録

 今年の“スプリント重賞”の結果を見ると、アドマイヤムーン産駒が活躍しており、ファインニードルは高松宮記念(GI)を含む3勝を挙げ、セイウンコウセイは函館スプリントS(GIII)を制している。

 アドマイヤムーン産駒は短距離での活躍が目立ち、これまでに挙げた平地重賞15勝のうち10勝を芝1200m以下で挙げている。今年のスプリンターズSには、GI馬セイウンコウセイ(牡5、美浦・上原博之廐舎)、ファインニードル(牡5、栗東・高橋義忠厩舎)を筆頭に、京王杯スプリングC(GII)勝ち馬のムーンクエイク(セン5、美浦・藤沢和雄厩舎)、前年の3着馬ワンスインナムーン(牝5、美浦・斎藤誠厩舎)と計4頭のアドマイヤムーン産駒が登録しているが、今回も好成績を挙げることができるだろうか。

 なお、セイウンコウセイに騎乗予定の池添謙一騎手は、Vなら、GI昇格後では単独トップとなるスプリンターズS3勝目となる。

★夏の勢いそのままにビッグタイトル獲得なるか “サマースプリント”チャンピオンのアレスバローズ

 サマースプリントシリーズのチャンピオンとなったアレスバローズ(牡6、栗東・角田晃一厩舎)は、今回がGI初挑戦となる。同馬は、CBC賞(GIII)で重賞初制覇を果たすと、北九州記念(GIII)も制し、シリーズ対象レース2連勝でチャンピオンの座に就いた。GI昇格後のスプリンターズSでは、4頭がGI初挑戦→優勝を決めているが、アレスバローズも夏の勢いそのままにスプリント界の頂点に君臨することができるだろうか。

 なお、2008年にはCBC賞→北九州記念を連勝し、GI初挑戦となったスリープレスナイトが優勝している。また、JRA・GI初勝利を目指す角田晃一調教師は、2016年以来2年ぶりのスプリンターズS挑戦となる。同調教師は騎手時代にヒシアケボノで1995年のスプリンターズSを制しており、Vなら、同レースがGIとなった1990年以降、初の騎手&調教師双方での優勝となるが、9度目の挑戦でJRA・GI初制覇を遂げることができるだろうか。

【続きを読む】