中央競馬:ニュース中央競馬

2018.9.15 14:44

【野路菊S】カテドラルが逃げ切り無傷のV2

3コーナー手前で先頭に立ち、押し切り勝ちしたカテドラル

3コーナー手前で先頭に立ち、押し切り勝ちしたカテドラル【拡大】

 9月15日の阪神9R・野路菊ステークス(2歳オープン、芝・外1800メートル、別定)は、福永祐一騎手騎乗の2番人気カテドラル(牡、栗東・池添学厩舎)が逃げ切り勝ち。タイムは1分48秒1(良)。カテドラルは2番手追走から機をうかがい、3コーナー手前で先頭に立ち、直線は外のヴェロックスの猛追を抑え切った。

 半馬身差の2着には好位から迫ったヴェロックス(1番人気)が入り、さらに3馬身差遅れた3着に先行粘ったモンテアーサー(3番人気)。

 カテドラルは、父ハーツクライ、母アビラ、母の父ロックオブジブラルタルという血統。通算成績は2戦2勝。

 ◆福永祐一騎手(1着 カテドラル)「道中は物見をしていたぶん、楽にリラックスして走れていました。最後の瞬発力勝負になったけど、しのいでくれた。これでローテーションを組みやすくなりましたね。強い馬を相手によくがんばってくれた」

★15日阪神9R「野路菊S」の着順&払戻金はこちら

関連

  • 3コーナー手前で先頭に立ち、押し切り勝ちしたカテドラル