中央競馬:ニュース中央競馬

2018.9.13 05:06

【フォワ賞】クリンチャー、動き良し

帯同馬の後ろを走り、残り200メートルあたりで脚を伸ばして併入したクリンチャー(右)

帯同馬の後ろを走り、残り200メートルあたりで脚を伸ばして併入したクリンチャー(右)【拡大】

 【シャンティイ(フランス)12日】凱旋門賞(10月7日、パリロンシャン、GI、芝2400メートル)を目指すクリンチャー(栗・宮本、牡4)が、前哨戦のフォワ賞(16日、パリロンシャン、GII、芝2400メートル)に向けて最終追い切りを行った。

 シャンティイ・エーグル調教場のレゼルヴォア(芝1200メートル、直線コース)で、帯同馬との併せ馬。パートナーの後ろを走り、残り200メートルあたりで脚を伸ばして併入した。騎乗した武豊騎手は「フレッシュな状態で、動きも良かったですよ。前哨戦としてはちょうど良く仕上がっています。落ち着いていたし、どういうレースをするか楽しみ」と好感触だった。宮本調教師も「力の要る馬場の適性はあると思う」と楽しみにする。

★クリンチャーの競走成績はこちら