中央競馬:ニュース中央競馬

2018.9.13 05:01

美浦トレセン改善計画概要、坂路掘り下げ高低差拡大

 JRAは12日、今年3月の定例会見で発表した美浦トレセン諸施設改善計画の概要を発表した。

 目玉となるのは坂路コースの延伸。延伸部分を最大約15メートル掘り下げ、高低差が18メートルから33メートルへと拡大される。これまで平坦だったスタート部分から、負荷のかかる3%の勾配を駆け上がる。全長は従来とほぼ同じ1200メートル。また南馬場のダートコースは左右両回りが可能な平坦のウッドチップコースに改造され、従来より410メートル長い周回距離2010メートルの広いウッドチップトラックが誕生する。これに伴い北馬場は閉鎖され、厩舎地区として利用される。今後は入札が行われ、今年末から順次、工事が開始され2026年の全面リニューアルを目指す。