中央競馬:ニュース中央競馬

2018.9.12 05:02

【矢作芳人調教師 信は力なり】今年の変化は種牡馬の勢力図

 例年通りケンタッキーのキーンランド1歳セールに来ているが、今年は北海道胆振(いぶり)東部地震の影響で牧場の仲間たちが渡航不可能となった。被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

 それにしても大阪府北部地震から7月豪雨、台風21号、そして再び地震と災害の連続。これほど頻繁に自然災害に見舞われる国が他にあるだろうか? やはりこの国はみんなで助け合って生きていかなければならない国なんだと改めて思っている。

 ケンタッキーに着いてすぐ、ホテルのテレビで大坂なおみ選手がテニスの全米オープンを優勝する瞬間を見ることができた。北海道にルーツを持つ彼女の偉業は多くの人たちに元気と活力を与えたことだろう。僕ら個人に彼女のような力はないが、そのかわりに素晴らしい馬たちがいる。秋競馬をしっかりと盛り上げて、微力ながらファンの皆さんに笑顔を届けたいと考えている。とにかく被災地の一日も早い復興を願っています。

 ケンタッキーの初日は雷を伴った大雨で翌日からのセリ開始が2時間遅れとなった。10年以上この地を訪れているが、こんなことは初めてだ。ここも異常気象かと思いながら、ずぶぬれの中でセリ馬の下見に飛び回った。

 今年の変化は種牡馬の勢力図である。王者タピットやスピードのスパイツタウンは健在だが、目立っているのは新種牡馬アメリカンファラオであり、その父パイオニアオブザナイルや祖父エンパイアメーカーの評価も上がっている。以前はそれほどでなかったカーリンの産駒も高い。そう言った流れをつかみながら何とか良い馬を買って帰って、購買を託してくれたオーナーの期待に応えたいと思っている。 (JRA調教師)