中央競馬:ニュース中央競馬

2018.8.24 05:02

【英GI】2番人気ロアリングライオンV

 【ロンドン22日】欧州中距離路線の一線級が激突する英インターナショナルS(GI、芝・左2050メートル、創設1972年、1着賞金60万2544ポンド=約8598万円)がヨーク競馬場で8頭によって争われ、O・マーフィー騎乗の2番人気ロアリングライオン(米国産、英=J・ゴスデン厩舎、牡3、父キトゥンズジョイ)が優勝した。タイム2分7秒70(良)。

 8頭中7頭がGI馬、残り1頭もGIIウイナーという豪華メンバーの争いを制したロアリングライオンは、前走のエクリプスSに続いてGI2勝目。通算10戦6勝となった。次走は愛チャンピオンS(9月15日、レパーズタウン、GI、芝2000メートル)が有力。3馬身1/4差の2着が1番人気のポエッツワード。日本生まれのディープインパクト産駒で3番人気のサクソンウォリアーは、4着に終わった。

 また、最低人気で3着に食い込んだサンダリングブルー陣営は、招待されればジャパンC(11月25日、東京、GI、芝2400メートル)に挑戦したい意向を示している。