タニノフランケルが3勝目~神戸新聞杯から菊花賞へ

2018.8.19 15:32

 8月19日の小倉10R・西部スポニチ賞(3歳以上1000万下、芝1800メートル)で、幸英明騎手騎乗の2番人気、タニノフランケル(牡3歳、栗東・中竹和也厩舎、父フランケル、母ウオッカ)が逃げ切って3勝目。タイムは1分45秒4(良)。2着に4馬身差をつける完勝だった。

 ◆幸英明騎手「強かったですね。引っ張らずに自分のペースで運びました。最後まで止まる感じはなかったですね。こういう競馬が合っていると思います」

 今後は、神戸新聞杯(9月23日、阪神競馬場、GII、芝2400メートル)から菊花賞(10月21日、京都競馬場、GI、芝3000メートル)へ。レース後にオーナーサイドが明言した。

★タニノフランケルの競走成績はこちら

閉じる