中央競馬:ニュース中央競馬

2018.8.9 16:46

【札幌だより】祝メーンジャック~横山武史騎手eatラムしゃぶ(1/2ページ)

好物のラムしゃぶを前にVサインの横山武史騎手

好物のラムしゃぶを前にVサインの横山武史騎手【拡大】

 予定していたラムしゃぶパーティーが、急遽(きゅうきょ)、メインレースの祝勝会になろうとは…。

 札幌でハッスル中の横山武史騎手(19歳)=美浦・鈴木伸尋厩舎=。ラムしゃぶが大好きということで、食事会でもと決まったのが先週の話。それが8月6日の日曜、4R(マイキャラット)に続いてメーン11RのUHB賞をクリーンファンキーで制したことで、一気に祝勝会へと格上げだ。

 「この写真が一番映りがいいんですよ」と早速、スマホの待ち受けに設定したゴール写真を見せてくれた殊勲の19歳。2年目の今年は早くも23勝と頭角を現しているが、「競馬学校時代は、間違いなく同期で自分が一番下手でした」。自身の切磋琢磨(せっさたくま)、そして何より周囲のサポートがあってこそと、多い日は1日10頭を超えるという各馬の追い切りに札幌で精を出す。

【続きを読む】

関連

  • UHB賞は横山武史騎手のクリーンファンキーが優勝。2着には横山典弘騎手が入って父子ワンツーとなった