中央競馬:ニュース中央競馬

2018.8.9 13:07

【リレーコラム】関西競馬エイト~ニューヒーロー誕生の予感by西尾

新馬戦を鮮やかな勝利で飾ったヴェロックスは、新星の誕生を予感させる

新馬戦を鮮やかな勝利で飾ったヴェロックスは、新星の誕生を予感させる【拡大】

 先週の日曜小倉5Rの新馬戦。陣営が期待を込めて送り出したのがヴェロックス(牡、栗東・中内田充正厩舎)でした。「おとなしくて乗りやすいし、調教でも動く。ゲートも出ていくし、現時点では注文をつけるところがないくらい」と、普段はジャッジには慎重な猿橋助手が手放しで褒めていたのです。

 小回りの小倉、しかもフルゲートの外枠から発走。どんな走りをするのか注目していましたが、好位からあっさり抜け出して2着に8馬身もの差をつける圧勝劇。コーナーで外へ張るようなシーンはありましたが、仕掛けられてからの脚はまさに次元が違うといった感じでした。上がり3ハロン34秒2も、2番目に速かったキラープレゼンス、ジョウショームードより1秒上回るなど、数字の面でもインパクト十分。

 今週の取材時にレースを振り返ってもらいましたが、「コーナーで外へ張るようなところを見せていましたが、気になったのはそれくらいであとは上手に競馬ができていたと思います。とにかく無事にいってほしいですね」と猿橋助手。ニューヒーロー誕生の予感! 今後の動向に注目です。

西尾学(にしお・がく) 関西エイト想定班 

調教・前走

本命

単複

プロフィル

2004年8月TMデビュー。大阪府出身。サンスポレース部を経て競馬エイトへ。栗東トレセンで時計班を10年半務めた後、15年5月から想定班へ。得意なレースは2歳戦。

予想スタイル

調教の動き、近走内容、能力比較など、様々な角度からアプローチしますが、レース後の騎手へのインタビューも重要な予想ファクター。

※西尾学の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります