中央競馬:ニュース中央競馬

2018.8.7 13:28

オジュウチョウサンは武豊騎手で九十九里特別へ

開成山特別で平地初勝利を挙げたオジュウチョウサン

開成山特別で平地初勝利を挙げたオジュウチョウサン【拡大】

 2016&17年の最優秀障害馬に輝き、7月7日の開成山特別(500万下、芝2600メートル)で平地初勝利を挙げて10連勝となったオジュウチョウサン(美浦・和田正一郎厩舎、牡7歳)は7日、次走で九十九里特別(9月22日、中山、1000万下、芝2500メートル)に出走を予定していることがわかった。

 現在は千葉・和田牧場で英気を養っているオジュウについて和田郎調教師は、「有馬記念(12月23日、中山、GI、芝2500メートル)を使うなら、芝2500メートルで同じ舞台設定の九十九里特別を、引き続き武豊騎手で使おうということになりました。美浦にはお盆過ぎか、今月下旬の帰厩を予定しています」とプランを明らかにした。

 オジュウチョウサンは500万下を勝ったものの、収得賞金の関係で平地では引き続き500万下に在籍。形の上では格上挑戦となるため、1000万下の馬でフルゲート(12頭)が埋まれば除外される可能性もある。ただ、九十九里特別は過去8年でフルゲートに達したのは一度しかない。名手とのコンビ継続で平地の勝ち星を積み重ね、グランプリ出走の夢をたぐり寄せる。

★オジュウチョウサンの競走成績はこちら