中央競馬:ニュース中央競馬

2018.8.5 16:39

ギャロップ片山は小倉記念の馬連的中

片山和広記者

片山和広記者【拡大】

【片山の当たるも八卦】日曜小倉11R

 【小倉11R・小倉記念】 出走頭数が12頭と少ないうえに、ハナに行きたい馬も見当たらない。早めの競馬で持ち味が出る◎⑪トリオンフにとって、戦いやすい展開になりそうだ。武豊騎手とは初コンビだが、タイプ的にいかにも手が合いそう。

《馬連》
 ⑪-⑩⑫ 各5000円

 ※結果…武豊騎乗のトリオンフ(1番人気)が2番手から抜け出し、コースレコードで小倉大賞典・GIIIに続いて重賞2勝目をマークしました。週刊ギャロップのベテラン・片山和広記者らしい馬連2点買い。2着はサトノクロニクル(2番人気)で《馬連》⑩-⑪は7.9倍×5000円で3万9500円を手にしました。

片山和広(かたやま・かずひろ) 週刊Gallop記者(大阪) 

血統

ワイド

プロフィル

1958年、福岡県生まれ。サンスポレース部記者、競馬エイト編集部デスク、トラックマン、サンスポレース部記者を経て、2017年4月から新天地の週刊Gallopで活躍中。座右の銘は「なんとかなる」。AB型。

予想スタイル

穴馬発見が主眼で、本命馬が3着までにくれば、99%目標達成だと思っている。重視するファクターは、その時々で異なるが、常に頭のなかに置いているのは血統。

※片山和広の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります