中央競馬:ニュース中央競馬

2018.8.6 09:40

顕彰馬に選出!産駒も活躍中のロードカナロアに迫る

ことし顕彰馬に選出され、産駒も活躍中のロードカナロアに迫ります。現役時代に管理していた安田隆行調教師、種牡馬生活を送る社台スタリオンステーションの徳武英介氏に話を聞くほか、2冠牝馬アーモンドアイをはじめとする3歳、今年デビューした、あるいはデビューを待つ2歳の注目産駒を紹介

ことし顕彰馬に選出され、産駒も活躍中のロードカナロアに迫ります。現役時代に管理していた安田隆行調教師、種牡馬生活を送る社台スタリオンステーションの徳武英介氏に話を聞くほか、2冠牝馬アーモンドアイをはじめとする3歳、今年デビューした、あるいはデビューを待つ2歳の注目産駒を紹介【拡大】

 好評発売中(8月12日号)の週刊ギャロップは、ことし顕彰馬に選出され、産駒も活躍中のロードカナロアに迫ります。現役時代に管理していた安田隆行調教師、種牡馬生活を送る社台スタリオンステーションの徳武英介氏に話を聞くほか、2冠牝馬アーモンドアイをはじめとする3歳、今年デビューした、あるいはデビューを待つ2歳の注目産駒を紹介。さらにその好走データを掘り起こし、馬券の狙い目を探ります。

 レース展望は関屋記念とエルムSの2重賞。スペシャルウィークやアグネスデジタルを手がけた白井寿昭元調教師が関屋記念を、「馬券のプロ」を自認し、マツリダゴッホやサウンドトゥルーなどの生産者である岡田牧雄氏がエルムSを攻略します。さらに血統班、データ班による分析、厩舎リポート、中間の調教など、馬券検討に欠かせぬ情報が満載です。もちろん、今年の海外馬券第3弾でジェニアルが出走を予定している仏GIジャックルマロワ賞の情報も掲載します。

 読者参加企画は誌上POG2018~19の第1次参加者募集と、特製クリアファイルが必ずもらえるサマーキャンペーンを展開中です。

 このほか「武豊騎手JRA4000勝への道」、「運命の邂逅(かいこう)キタサンブラック」、今週はアニメ脚本家の大和屋暁氏が担当する「○○だけど馬主」、井崎脩五郎氏「競馬資料館」などバラエティーに富んだ連載も読み応え十分。「牧場発ホットライン」、「トレセン発超抜2歳馬」、新馬戦出走予定馬情報など、2歳馬情報も本誌にお任せください。

関連

  • ことし顕彰馬に選出され、産駒も活躍中のロードカナロア
  • ロードカナロア産駒で桜花賞、オークスの牝馬2冠を制しているアーモンドアイ