中央競馬:ニュース中央競馬

2018.7.29 15:33

【クイーンS】ディアドラが大外一気の豪快な差し切り勝ち(1/3ページ)

激しい2着争いを尻目に完勝したディアドラ。豪快な差し切り勝ちで、秋華賞馬の貫禄を示した

激しい2着争いを尻目に完勝したディアドラ。豪快な差し切り勝ちで、秋華賞馬の貫禄を示した【拡大】

 7月29日の札幌11Rで行われた第66回クイーンステークス(3歳以上オープン、牝馬、GIII、芝1800メートル、別定、11頭立て、1着賞金=3600万円)は、昨年の秋華賞馬でクリストフ・ルメール騎手騎乗のディアドラ(牝4歳、栗東・橋田満厩舎)が、激しい2着争いを尻目に完勝。ドバイ遠征からの帰国初戦で休み明けだったが、1番人気に応えた。タイムは1分46秒2(良)。2着はフロンテアクイーン(4番人気)、3着はソウルスターリング(2番人気)だった。

【続きを読む】

関連

  • クイーンSを制したディアドラとルメール騎手(左)
  • ディアドラが豪快な差し切り勝ちで完勝。秋華賞馬の貫禄を示した
  • クリストフ・ルメール騎手とプレゼンターを務めた舟山久美子
  • 2着のフロンテアクイーン、これで5戦連続の2着となった