中央競馬:ニュース中央競馬

2018.7.26 05:08

【クイーンS】ディアドラ、海外帰り心配無用!(1/2ページ)

ディアドラは気合をつけられると力強いフットワークを繰り出した。4カ月ぶりも臨戦態勢は整った

ディアドラは気合をつけられると力強いフットワークを繰り出した。4カ月ぶりも臨戦態勢は整った【拡大】

 クイーンSの追い切りが25日、札幌、函館の両競馬場で行われた。函館ではドバイターフ3着のディアドラが、Wコースで確かな伸びを披露。4カ月ぶりの復帰戦に向けて好仕上がりをアピールした。好時計をマークしたフロンテアクイーンがサンケイスポーツ調教評価で『S』となった。札幌では、オークス以来のVを目指すソウルスターリングが芝コースで軽めの調教で態勢を整えた。

 世界で戦ってきた格を見せつける。気温21度と涼やかな函館で、ディアドラが潮風を切った。動きを見届けた橋田調教師は満足げにうなずいた。

 「先週より動きがシャープになっているのでいいと思います。先週はまだ休み明けという感じだったから。始動戦としては態勢は整っています」

 朝一番の追い切りラッシュを避け、角馬場でじっくり体をほぐしてからWコースに登場。向こう正面をサッと流しながらスピードに乗り、スムーズなコーナリングで直線に向く。鞍上から気合をつけられると、ギアを上げてもうひと伸び。5ハロン66秒7、3ハロン38秒3-12秒6でフィニッシュした。手綱を取った込山助手も「しっかり動けていた。先週、結構やってくれているから、そんな重さもない」と納得の仕上がりだ。

【続きを読む】