中央競馬:ニュース中央競馬

2018.7.18 12:01

【中京記念】ブラックムーンが巻き返しを期す

 <栗東トレセン>

 ブラックムーンの近2走は見せ場なく終わったが、昨年3着のここで巻き返しを期す。橋本助手は「短期放牧でいいリフレッシュができた。しまいはしっかり脚を使えるのでどこを通ってくるかだけ。流れる展開になってほしい」と願う。

 ミエノサクシードは、前走のマーメイドSで3着を確保。初めて牡馬相手の重賞に臨む。喜多助手は「2000メートルはこなせるけど、距離はマイルがベスト。この中間は左回りの特訓をしてきて、けさは完ぺきでしたよ」と成果を強調する。

 ロワアブソリューは、準オープンの前走を勝った勢いで重賞に挑む。平田助手は「前回はブリンカーの効果があった。先行するよりタメた方がいいタイプ。タメて運べばマイルでもしまいはいい脚を使えると思う」と期待を込める。

 フロンティアは、3歳で唯一の参戦。猿橋助手は「順調に調整できていて、変わったところはありません。切れるというより長くいい脚を使うタイプだと思うので、中京コースはいいと思います」とうなずいた。

★中京記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載