中央競馬:ニュース中央競馬

2018.7.11 12:26

【藤代三郎・馬券の休息(43)】福島100周年~抽選賞品は安くても多くの人に出せば歓迎されるのに…(1/3ページ)

週刊Gallop誌上で好評連載中の作家・藤代三郎氏が、競馬にまつわる日常を氏のユニークな視点で綴る「馬券の休息」

週刊Gallop誌上で好評連載中の作家・藤代三郎氏が、競馬にまつわる日常を氏のユニークな視点で綴る「馬券の休息」【拡大】

 福島で最初に競馬が行われたのは明治20年。信夫山招魂社の祭礼において山麓に4ハロンの馬場を設けて洋式競馬を行ったのが福島初--というのは、レープロに書いてあった「福島競馬場100年史」からの引用である。それから明治30年まで、春秋二季に開催されたという。

 大正7年(1918年)に福島競馬場が開設され、それから今年で100年なのである。レープロには、「第1回福島競馬の馬見所」や、「昭和2年に完成した第2代スタンド」を始め、たくさんの写真が掲載されていて、まことに興味深い。

 私が初めて福島競馬場に行ったのは、1990年代の始めごろだろう。福島競馬場の旧スタンド最後の年、七夕賞ウイークに当時の競馬仲間である一郎セーネンと福島入りしたことがある。土曜は一般席で馬券を買ったのだが(障害戦のとき芝生に座って弁当を食べていたら大万馬券が飛び出して場内が騒がしくなったのを覚えている)、日曜は指定席に入るために朝早く競馬場にかけつけた。そのために土曜の夕方、福島駅近くの店で、木製の折り畳み椅子を購入。正式には椅子ではなく、たぶん園芸用品(つまり花瓶を載せる台)だったろう。長時間、立って待っているのは辛いので、そのために購入したのだが、満席になったあとに現れた地元の親父らしき中年男は「まだ8時前だよお、どうしてこんな早い時間に満席になるんだよお」と嘆いていた。第5代スタンドが完成したのは平成9年(1997)。スタンド内で携帯椅子の使用を禁じるという張り紙を見て、どうしてかなあ、床が傷つくからじゃないですかねえ、そんなバカな、と一郎セーネンと会話したのがつい昨日のことのようだ。一郎が係員に確認しに行ったら、「床が傷つきますから」と予想どおりの回答で、嘘みたいな話であった。

【続きを読む】