中央競馬:ニュース中央競馬

2018.7.11 05:06

【セレクトセール2018】ドゥラメンテ初産駒が億超え!(2/3ページ)

1億9440万円で落札された母アイムユアーズの牡。ドゥラメンテ産駒は大人気だった (撮影・浅野一行)

1億9440万円で落札された母アイムユアーズの牡。ドゥラメンテ産駒は大人気だった (撮影・浅野一行)【拡大】

 荒ぶる末脚で皐月賞、ダービーの2冠を制したドゥラメンテの初年度産駒がセール初上場で、いきなり億超えだ。母アイムユアーズの牡馬が、この日2番目の高値となる1億9440万円で落札された。新種牡馬の産駒では破格の金額だ。

 「2億のラインまではいくだろうなと思うくらい素晴らしい馬。血統、配合、動き、馬体、全てがそろっている。皐月賞、ダービーが楽しみ」

 落札者(株)NICKSのアドバイザーを務める、竹内啓安氏が絶賛の言葉を並べた。

 母はGIIフィリーズレビューなど重賞4勝で、ドゥラメンテとはオークス馬ダイナカールの4×4というインブリード(近親交配)になり、「これが決定打。ドゥラメンテじゃないとできない」と竹内氏。さらには大種牡馬サンデーサイレンスの3×4、キングマンボの3×4のインブリードがあり血統識者がうなる配合だ。

 ドゥラメンテの産駒は上場20頭中19頭が落札され、総額は9億2556万円。同馬が所属した(有)サンデーレーシングの吉田俊介代表取締役は「産駒は生まれたときから形のいい馬が多い。(アイムユアーズの子は)ノーザンファームが大事にしてきたダイナカールの牝系のクロスを意識した配合。線がきれいで動きも良く、期待どおりです」と語った。

 まずは種牡馬としての初セールで成功を収めたドゥラメンテ。2年後には、初年度産駒たちが父から受け継いだDNAを存分に発揮するに違いない。 (板津雄志)

【続きを読む】

関連

  • 1億8000万円で落札されたアイムユアーズ2018=ノーザンホースパーク(撮影・浅野一行)
  • 15年皐月賞、ダービー2冠のドゥラメンテ