中央競馬:ニュース中央競馬

2018.7.9 20:02

【セレクトセール2018】初日落札総額は初の100億突破

1億8000万円で落札されたドバウィハイツ2017=ノーザンホースパーク(撮影・浅野一行)

1億8000万円で落札されたドバウィハイツ2017=ノーザンホースパーク(撮影・浅野一行)【拡大】

 セレクトセール初日(9日)は233頭が上場(欠場10頭)され、211頭が落札された。落札率90.6%。落札総額は104億4846万円(税込み)で、初めて100億円を突破した。1頭平均の約4951万円も過去最高。日本競走馬協会の吉田勝己理事は「最初の勢いがすごかったね。種馬に関係なく、いい馬が高く売れた。これは今までと違う傾向ですね。下見に来るお客さんがすごく多かったし、馬を見ていい馬を選んでいただけた。世界中のどこに行ってもこれだけのセールはないよ」と大満足の表情で振り返った。