【2歳新馬】函館5R 米国産アスターペガサスが先行押し切る

2018.6.24 12:20

 6月24日の函館5R・2歳新馬(芝1200メートル)は、小崎綾也騎手騎乗の5番人気アスターペガサス(牡、栗東・中竹和也厩舎)が先行策から直線内めを抜け出してデビュー勝ち。タイムは1分10秒0(良)。

 2馬身半差の2着には中団追走から外めを追い込んだイーサンパンサー(2番人気)、さらにハナ差遅れた3着に好位から伸びたバトルアグレッシブ(3番人気)。フランケル産駒で1番人気に推されたショウナンアリアナは好位から脚を伸ばしたが、3着馬からさらに1馬身半差の4着に敗れた。

 アスターペガサスは、父ジャイアンツコーズウェイ、母アールヒートライトニング、母の父トリッピという血統のアメリカ産馬。

 ◆小崎綾也騎手「まだ緩さを残すなかでこれだけ動いてくれました。ハミを取ってくれるか不安でしたが、行きっぷりがよかったです。逃げるのではなく、インで脚をためて勝てたのも収穫だと思います」

★24日函館5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

閉じる