中央競馬:ニュース中央競馬

2018.6.21 05:03

ゴーフォザサミット、飛行機トラブルで米遠征中止

青葉賞の勝ち馬ゴーフォザサミット

青葉賞の勝ち馬ゴーフォザサミット【拡大】

 青葉賞の勝ち馬で日本ダービー7着のゴーフォザサミット(美・藤沢和、牡3)が、米GIベルモントダービー招待S(7月7日、ベルモントパーク、芝2000メートル)への遠征を取りやめることがわかった。藤沢和調教師が20日、明らかにした。

 整備記録の記載問題で日本貨物航空の全便が先週16日以降の運行を中止しており、米国への直行便がなくなっているため。「韓国を経由して行く方法もあるが、それでは現地での調整時間が少なくなってしまう。検疫に入る前でよかった」とトレーナー。海外遠征が輸送手段の都合で中止になるのは、極めて異例。今後は休養に入り、神戸新聞杯(9月23日、GII、阪神、芝2400メートル)での始動が有力。

 安田記念4着の僚馬サトノアレス(牡4歳)は、予定通り仏GIジャックルマロワ賞(8月12日、ドーヴィル、芝・直線1600メートル)に遠征する。

 また、昨年のダービー馬でドバイシーマクラシック4着以来休養に入っているレイデオロ(牡4歳)の復帰は秋以降になることがわかった。師は「夏に使うことはないと思う」と語った。

★ゴーフォザサミットの競走成績はこちら