中央競馬:ニュース中央競馬

2018.6.18 17:49

【宝塚記念】レース展望(4/5ページ)

宝塚記念のファン投票で1位となったサトノダイヤモンド

宝塚記念のファン投票で1位となったサトノダイヤモンド【拡大】

 昨年の菊花賞馬キセキ(栗東・角居勝彦厩舎、牡4歳)はその後、香港ヴァーズ、日経賞ともに9着と、“らしくない”競馬が続いている。日経賞後は予定していた天皇賞・春を自重。宝塚記念に目標を切り替えて調整してきた。これが功を奏した印象で、1週前追い切りでは上々の動きを披露している。菊花賞が不良馬場だっただけに、馬場が悪化すれば大きなプラス材料となるだろう。

 ダンビュライト(栗東・音無秀孝厩舎、牡4歳)は大阪杯6着、初の海外遠征となったクイーンエリザベス2世C7着と近2走が案外だが、本来は安定感があるタイプ。昨年のクラシック全3戦(3、6、5着)で手綱を取った武豊騎手に5戦ぶりに手綱が戻るのはプラス材料だ。時計がかかるレース向きでもあり、上位争いを演じても不思議ではない。

【続きを読む】