中央競馬:ニュース中央競馬

2018.6.14 11:59

【調教ズームイン】宇恵注目のバイラ 坂路で切れた

弾むような脚取りで坂路を駆け上がったバイラ

弾むような脚取りで坂路を駆け上がったバイラ【拡大】

★ユニコーンS

 小気味のいいフットワークから、好調が伝わってきた。バイラは坂路で最終追い。4ハロン54秒4の平凡な時計を忘れさせる弾むような脚取りで、直線の急勾配を駆け上がってきた。

 デビュー当初から坂路調教で目立つ動きを示したことはない。12秒1、12秒2といった速い上がり時計をマークしたことも、当然ない。今回のラスト1ハロン12秒5の数字は、この馬としては上々といえる。それも余力を残した態勢だった。馬場状態の違いはあるだろうが、前走時が坂路4ハロン56秒4だったことを考えれば、2秒も全体のタイムを短縮。中6週ほどレース間隔があいているが、状態は前走時よりもアップしていると感じさせる。

 レースを経験しながら確実に地力を強化。さらに今度の気配の良さがあれば、期待を抱いてもいいだろう。

★ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

宇恵英志(うえ・ひでゆき) 大阪サンスポ本紙予想担当 

取材

本命

馬連

プロフィル

北海道、オーストラリアの牧場で働いた後、関西競馬エイトで短期間のアルバイトを経験。ほどなく、大阪サンケイスポーツレース部に配属され、現場記者として今に至る。趣味はパチンコ、パチスロ。

予想スタイル

基本は取材の感触に、自分なりの近走のレース評価を加味して予想する形。追い切りの動きや、レース展開のみを重視して印を打つこともある。