中央競馬:ニュース中央競馬

2018.6.13 10:39

【函館スプリントS】ワンスインナムーン初の函館も1馬身先着

芝コースで追い切るワンスインナムーン(左)

芝コースで追い切るワンスインナムーン(左)【拡大】

 昨秋のスプリンターズSで3着に逃げ粘ったワンスインナムーンが、重賞初Vへ気合のこもった動きを披露した。

 午前5時半の開門直後に函館芝コースで柴山騎手(レースは石橋騎手)を背にラスト1Fをビシッと追われ、外アグレアーブルに1馬身先着。初めての函館でも落ち着きがあり、気配は上々だ。

 「水を含んだ馬場でもいい動き。これで態勢は整うと思います。以前はかわいがりながらの調整だったけど、今はしっかり負荷をかけている」と鈴木助手。サマーシリーズを転戦する予定で「まずは1つタイトルを」と意気込んでいる。(夕刊フジ)

★函館スプリントSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載