中央競馬:ニュース中央競馬

2018.6.13 12:00

【佐藤洋一郎・馬に曳かれて半世紀(39)】サートゥルナーリア快勝!公現祭の名のとおり、救世主が現れた(1/3ページ)

威風堂々の馬っぷり、勝ちっぷりをみせたサートゥルナーリア(左)

威風堂々の馬っぷり、勝ちっぷりをみせたサートゥルナーリア(左)【拡大】

 6月10日阪神5Rメイクデビュー(芝1600メートル、良)で、シーザリオの2016(父ロードカナロア、牡)が快勝した。馬体重488キロ、青毛の母ほどの光沢ではないが、威風堂々の馬っぷり、勝ちっぷり、Mデムーロ騎手の「最後は力が違った」というコメントにも大物感がただよっていた。馬名サートゥルナーリア(公現祭)とおりの救世主がついに“顕現”したか、これはヤバイ…。

 実は6月2日のPOGドラフト会議で、エピファネイア(英Epiphany=公現祭)に次いでまたしても“シーザリオ”をとり逃した。シーザリオは社台(サンデーサイレンス)系にしては珍しく“アメリカ”ンオークスに乗り込んで圧勝(4馬身)した快挙にほだされ、初子(1戦1勝)、2番子(繋靱帯炎悪化で不出)と指名してきた。まさかトップ指命はないだろうとウオッカに次ぐ2番手にしたら、なんと競合者が出現してジャンケンで負けた。

【続きを読む】