中央競馬:ニュース中央競馬

2018.6.13 12:00

【藤代三郎・馬券の休息(39)】馬旅5000キロ~日本にいながら海外競馬を堪能できる~(2/5ページ)

週刊Gallop誌上で好評連載中の作家・藤代三郎氏が、競馬にまつわる日常を氏のユニークな視点で綴る「馬券の休息」

週刊Gallop誌上で好評連載中の作家・藤代三郎氏が、競馬にまつわる日常を氏のユニークな視点で綴る「馬券の休息」【拡大】

 今週放映の第11回で紹介されたのが、メルボルンから120キロのところにあるウーラマイ競馬場(ここは「ピクニック競馬」では比較的大きいところらしい)。アマチュア騎手のレースなのに、入場料が15ドル。オーストラリア・ドルは1ドルが83円くらいなので、1200~1300円。意外に高い。

 面白かったのは、そのウーラマイ競馬場でスタビーホルダーを見つけて須田鷹雄が喜ぶくだり。それが6ドル。スタビーホルダーって何だ、と思ったら、缶ビールの保冷ホルダーなんですね。いいなあこれ。

 紹介するのが遅れてしまったが、この「オーストラリア横断 馬旅5000キロ」は、須田鷹雄と井上オークスがオーストラリア西海岸のパース、アデレード、メルボルン・シドニー、ブリスベーンの競馬場、ならびに競馬施設を訪れる旅番組で、第2回目に気がついてそれからは毎回楽しく見ている(第1回目の再放送はいつやるんでしょうか。私、この回だけ見ていない)。

【続きを読む】