中央競馬:ニュース中央競馬

2018.6.12 17:22

【リレーコラム】Gallop~2歳戦開始で素質馬が続々登場

松永昌也記者

松永昌也記者【拡大】

 気象庁から6日、近畿地方が梅雨入りとの発表があった。栗東トレセンでは早速6、7日と続けて雨が降った。この時期、仕方ないこととはいえ、やはりビショビショにぬれるのは避けたいもの。それでも、花粉症持ちの記者にとっては薬から解放される目安になっており、ジメジメしていても案外嫌いではない。

 梅雨の到来は同時に、2歳戦スタートの合図でもある。今年の一番星は、追ってからの脚が見応えあったオルフェーヴル産駒のジャミールフエルテ。翌日は東京のマイルで、ディープインパクト産駒の牝馬グランアレグリアが圧巻の走りを披露した。ほぼ馬なりで走破タイム1分33秒6。新馬戦の開幕初週としてはちょっと速すぎだが、それだけ素質の高さを感じさせるものだった。

 他にもアカネサスやジョディー、シングルアップと今後が楽しみな馬が勝ち上がった。こういう若駒たちを見ていると、改めて競馬の楽しさを感じる。やはり、この時期は嫌いではない。

松永昌也(まつなが・まさや) 週刊Gallop記者(東京) 

直感

大穴

馬単・3連単

プロフィル

1973年9月15日生まれ、乙女座、血液型A。静岡県出身だが、なぜか関西弁。競馬への情熱を捨て切れず、2003年に某新聞社から移籍。以来、夢馬券を追い続ける。

予想スタイル

データは気に掛ける程度。「少ない資金で高配当を!!」をモットーに、基本は馬単1着固定の6点流し。3連単も買うが、もちろん1着固定。あくまで◎=1着にこだわる。

※松永昌也の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります