中央競馬:ニュース中央競馬

2018.6.11 05:07

【エプソムC】2億円馬アーサー、やっと届いた初勲章!(1/3ページ)

サトノアーサーが道悪をものともせずに力強く伸び、重賞初勝利を飾った (撮影・塩浦孝明)

サトノアーサーが道悪をものともせずに力強く伸び、重賞初勝利を飾った (撮影・塩浦孝明)【拡大】

 第35回エプソムカップ(10日、東京11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金4100万円=出走16頭)戸崎圭太騎乗で2番人気のサトノアーサーが重馬場を克服して差し切り勝ち。待望の重賞初制覇を果たした。タイム1分47秒4(重)。池江泰寿調教師は鳴尾記念(ストロングタイタン)に続く2週連続の重賞Vとなった。大外から伸びた4番人気ハクサンルドルフが1/2馬身差の2着。1番人気ダイワキャグニーは伸びを欠いて14着に敗れた。

【続きを読む】