中央競馬:ニュース中央競馬

2018.6.11 19:19

【リレーコラム】東京サンスポ~さまざまなつながりがある競馬の世界(2/3ページ)

直線で馬群の中を突いて差し切り快勝したモズアスコット(左)。連闘策での安田記念Vは29年ぶりの快挙となった

直線で馬群の中を突いて差し切り快勝したモズアスコット(左)。連闘策での安田記念Vは29年ぶりの快挙となった【拡大】

 2001年の牧場開場以来、育成馬としてはキョウエイギア(16年ジャパンダートダービー)、ダノンレジェンド(同JBCスプリント)で交流GIを制していますが、今回が初めてのJRA・GI制覇。昨夏の札幌開催以来の再会でもあり、握手を求めると「大牧場じゃなくても、勝てるんですね」と感慨深げで、暑さによる汗か、涙か、目はぬれているようにも見えました。「矢作先生(矢作芳人調教師)でなければ、勝てなかったと思います」と、やはり連闘で最高の仕上がりに持ってきたトレーナーの手腕を絶賛。牧場に初重賞をもたらしたスーパーホーネット(07年スワンSなど重賞4勝)など、師とのつながりは長く、同馬での05年朝日杯FS、07、08年マイルCS、10年安田記念でいずれも2着だった鬱憤をまとめて晴らしました。

【続きを読む】